概要 | 特長 | ドキュメント/技術情報

LPC4088 QuickStart- mbed LPC1768より高性能、大容量メモリ、高機能/高拡張なmbed

概要

LPC4088 QuickStartボードは mbed LPC1768サイズをできる限り保持し、より高性能、大容量メモリ、高機能/高拡張を目指してEA(Embedded Airtists)によって開発されました。 ですので、もちろん mbed(mbed LPC4088)になります。開発するにあたり、ハードウェアだけでなく、ドライバ、mbed SDKへのポーティング、ファイルシステム、XBee拡張コネクタによるRF拡張、LCDグラフィックライブラリなどが考慮されています。 EthernetやUSBコネクタもボード上にマウントされたボードです。 EAがmbed環境でLPC4088 QuickStartボードをサポートするライブラリ群を用意していますので、mbed LPC1768では実現できなかった機能やアプリケーションの実現が可能。

特長

mbedになる (mbed LPC4088)
  • mbed2.0HDK(ハードウェア・デベロップメント・キット) 及び SDK(ソフトウェア・デベロップメント・キット: mbedライブラリ)をサポート
  • mbedオンライン・コンパイラ(SDK)をサポート(こちらからオンラインコンパイラをを自分のmbed環境にインポート要)、PCからマスストレージに見えドラック&ドロップでファームウェアのアップデート(プログラムの書き込み)可(HDK)
      ※初めてLPC4088 QuickStartをいじる時は、Getting Started Tourをご覧ください
      ※Mac上からLPC4088マスストレージへmbedオンラインコンパイラが吐き出したバイナリ(.bin)を上手く書き込めない場合はこちら:"USB mass-storage does does not work on Mac - LPC4088 locks up"と解決方法はこちらを参照
  • mbed-SDKにはない機能のソフトウェアは、EAの「EAライブラリ」とサンプルプログラムサポートはこちらを参照
        EAライブラリ(各機能詳細は下記「LPC4088 QuickStartボード」参照):
        • SDRAM 初期化 for 外付け
        • QSPI(クワッドSPI)ファイルシステム for 外付け8MB QSPIフラッシュメモリ
        • MCI(マルチメディアインターフェース)ファイルシステム for MMC/SDカード
        • LCDコントローラ/EA LCDドライバ/タッチスクリーン
        • など
  • mbedオンライン環境からプロジェクトをオフライン環境にエクスポートして、LPC11U35 CMSIS-DAPデバッガーでオフライン・デバッグ可
      ※CMSIS-DAPをサポートしたmbedファームウェアにアップグレード要、こちらからLPC11U35のファームを最新のものにアップデートしてください
      ※mbedからLPCXPrersso/Keil環境へのエクスポート方法はこちらのビデオを参照ください。
      ※PCとmbed間のシリアル通信:USB CDC(UART-USB変換 "VCOM”、mbedからPCへの"pc.printf":など)の動作がおかしい場合はこちら:"USB Virtual Serial Channel behaviour"を参照
※mbedに関する情報はmbedのページをご覧ください。
※動作がおかしくなってしまった場合はISPモードへ入れて、復旧させてください。

LPCXpresso IDEで開発、デバッグできる、(Keil/IARでも可)
  • LPCXPresso 6からmbedオンボードCMSIS-DAPデバッガ経由でプログラムの書き込み 及び デバッグ可、LPC-Linkなしで開発可
      HDK(LPC11U35)を使ったデバッグの詳細はこちら
  • LPCXpressoと同じコネクタ
※LPCXpressoに関する情報はLPCXPressoのページをご覧ください。
※CMSIS-DAPデバッガに対応させるには、mbedのこちらのページからCMSIS-DAPに対応のLPC11U35ファームにアップデートしてください。Windowsがドライバを要求した場合はこちら

LPC4088 QuickStartボード:
ハードウェア 及び mbed LPC1768との互換性に関する情報はこちら  
  • ターゲット: LPC4088FET208高機能、高機能/高拡張
  • 外付けメモリ:大容量メモリ
  • その他ボード搭載部品
    • LPC11U35FHI33/501
        mbedインターフェースをサポート(mbed-HDK)/USB-microBコネクタ
    • Ethernet PHY:LAN8720
    • MACアドレス用(EUI-48) EEPROM
    • 20ピン ARM Cortex Debug+ETMコネクタ(1.25mmピッチ)
※シングルワイヤの電圧/シリアルの通信スピード/LCD解像度/SDカード - Single wire(GPIO/PWM/Ain/Aout)、Serial communication(I2C/SPI/UART/CAN/USB/Ethernet/Wireless)、Parallel(Display/メモリカード) 及び SPI/I2Cインターフェース使ってGPIO, ADC/DACを拡張などはこちらを参照。



※LPC4088 QuickStartボード全体の回路図は、箱の中に入っているシリアル番号をEAに登録する必要があります、こちらを参照。

ドキュメント/技術情報


Warning: file_get_contents(http://www.nxp-lpc.com/cgi-bin/linkv2.cgi?word=LPC4088+QuickStart&cond=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/users/web10/9/3/0260739/www.nxp-lpc.com/cgi-bin/lpc4088-qsb.php on line 206