作成日:2013-3-29

LPCXpresso LPC1347 または LPC1315-LPC1347 を使う
その1 〜LPC1311-LPC1343 と LPC1315-LPC1347 の違う点〜

LPC1311-LPC1343 と LPC1315-LPC1347 の違う点

LPCXpresso LPC1347が市場で流通し始めました。LPC1347はLPC1343に比べてFlash容量が32KBから64KBに増えています。 それ以外にピン配GPIOUSBADC他にもかなり変わっていますので LPC1311-LPC1343 から LPC1315-LPC1347 へ移行する場合、十分注意が必要です。
LPC1311-LPC1343: LPC1311/LPC1313/LPC1342/LPC1343 <-- 先にリリースされたLPC1300
LPC1315-LPC1347: LPC1315_LPC1316_LPC1317/LPC1345/LPC1346/LPC1347 <--後からLPC1300に追加されたシリーズ

ピン配が違う
@がLPC1347(LPC1315-LPC1347), AがLPC1343(LPC1311-LPC1343), BがLPC11U37(LPC11Uxx)のQFP48のピン配です。
@とAのピン配は全く変わってしまっています。一方、@とBのピン配は同じになっています。QFN33ピンも同様にLPC1311-LPC1343から変更されています。

GPIOが違う
C Table110.がLPC1315-LPC1347、D Table 146.がLPC1311-LPC1343のGPIOです。
ポート数が変わっています。LPC1315-LPC1347は Port1 と Port2 の2ポートなのに対し、LPC1311-LPC1343は4ポートに分かれています。移植する際は注意が必要です。 割り込みに関しても異なりますので、こちらも注意要。
ちなみに、LPC11UxxのGPIOは割り込みも含め LPC1315-LPC1347 と同じになっています。




USB 及び USBデバイス オンチップ・ドライバが違う
USBはLPC1342-LPC1343に載っているものから、LPC1345-LPC1347でIP自体が変更されています。LPC1345-LPC1347のUSBはLPC11Uxxと同じです。
LPC1345-LPC1347のUSBデバイスのオンチップ・ドライバもLPC1342-LPC1343のものから変更されいます。LPC1342-LPC1343では、MSDクラスとHIDクラスがサポート。 LPC1345-LPC1347では、MSD,HIDの他に CDCとDFUもサポート。オンチップ・ドライバもAPIもLPC11U2x/3xと同じです。ROM内のUSBデバイスのスタックはこちらをご覧ください。USBD_API_T* Address はLPC11U2xと同じ。


ACDの分解能/サンプリングレートが違う
LPC1311-LPC1343のADC分解能は10-bit、サンプルリングレートはmax 400Ksps。
LPC1315-LPC1347のADC分解能はmax 12-bit。12-bitの時のサンプリングレートはmax 500Ksps、10-bitの時はmax 1Mpsp。 コンバージョンに必要なクロック・サイクルも異なるため、ADCブロックへ供給するクロックも異なります。ポーティングする際は注意要。
LPC11UxxのADCはLPC1311-LPC1343と同じ。


その他の違うところ
LPC1311-LPC1343のFlashは4KBのセクタのみ。LPC1315-LPC1347には4KBのセクタに256Bのページが16あり、IAP(In-Application Programming:プログラム内で呼び出さるコマンド)でページ単位の消去可。
LPC1311-LPC1343はUART。LPC1315-LPC1347はUSART。
LPC1315-LPC1347には、LPC1311-LPC1343にはないEEPROMや48-bitのRIタイマ(Repetitive Interrupt Timer)がある、などなど。
マニュアルをご確認ください。こちらも参照ください。

LPCXpressoのノート11で、LPCXpresso LPC1343プロジェクトを LPCXPresso LPC1347にポーティングしてみます。

作成日:2013-3-29