概要 | 特長 | ドキュメント/技術情報

USBマイコン LPC11U24搭載 キャラクタLCDモジュール(16x2行)

概要

lpclcd LPC11U24はストロベリー・リナックス社が開発した、USBマイコン LPC11U24 + キャラクタLCD(16キャラクタ x 2行)モジュールです。LCDとLPC11U24はI2Cで接続されます。
LPC11U24はUSBから簡単にプログラムの書き込みが可能です。LPC11U24の内部ROMには、USB MSC/HID/CDC/DFUのクラスドライバがあります。 このUSB マスストレージクラス(MSC)ドライバにより、起動モードをUSB書き込みモード(PIO0_1ユーザーボタンを押した状態でリセット)で立ち上げ、PCとUSBで接続すると、PCはLPC11U24をマスストレージとして認識します。 このマスストレージに書き込みたいプログラムのバイナリーファイルをコピーすることで、LPC11U24へのプログラムの書き込みができます。 その後、通常モードで起動すれば書き込んだプログラムが走ります。
LPC11U24はUSBとPCで LPC11U24FBD48/401のほぼ全てのピンが使える様、基板外周の拡張端子ABCに出ています。

特長

  • USBマイコン LPC11U24FBD48/401搭載
      Flash:32KB, RAM:10KB(内2KBはUSB用), EEPROM:4KB, その他はこちら参照
  • PCからUSBでプログラム書込み可(ドライバ不要)
      PIO0_1ユーザーボタンを押した状態でリセット
  • キャラクタLCD 16キャラクタx2行搭載(I2CでLPC11U24と接続)
  • サンプルプログラム(LPCXPresso環境)装着可
    1. キャラクタLCDの使い方 や UART/I2C/Systick/GPIOなど
  • ほぼ全てのピンが基板外周の拡張端子ABCに
  • デバッグ用ピンヘッダ装着可

lpclcd USBマイコン LPC11U24搭載 LCDモジュール(16x2行)の詳細、マニュアル、サンプルプログラム、回路図はストロベリー・リナックス社の製品ページをご覧ください。


lpclcd LPC11U24 表面


lpclcd LPC11U24 裏面

LPC11U00のドキュメント/技術情報


Warning: file_get_contents(http://www.nxp-lpc.com/cgi-bin/linkv.cgi?word=LPC11U&cond=1): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/users/web10/9/3/0260739/www.nxp-lpc.com/cgi-bin/lpclcd-LPC11U24.php on line 93