概要 | 特長 | 型番一覧 | ドキュメント/技術情報

LPC12D00/LPC11D00シリーズ - セグメントLCDドライバ内蔵 Cortex-M0

概要

LPC12D00/LPC11D00はARM Cortex-M0搭載 LPC1100/LPC1200に PCF8576D LCDドライバを搭載。
最大4つのバックプレーンと40セグメントまでのスタティックLCD、マルチプレックスLCDを駆動できます。 さらに、複数のセグメントLCDドライバとカスケード接続することができ、最大2560セグメントまでの大型ディスプレイにも容易に対応可。
高信頼性のPCF8576Dは、2.5〜6.5Vの幅広い電圧をサポート。 このためLPC11D00/LPC12D00は、低閾値と高閾値の両方のLCDとのインターフェースで理想的。 PCF8576Dは、オンチップ・ディスプレイRAMや多様な点滅モードを備えています。 マイコンから送られる表示データは、ディスプレイ上のLCD素子へのダイレクトマッピングをサポートする40×4ビットのオンチップ・ディスプレイRAMに格納できます。 この機能はマイコンが低電力モードのときも維持されます。

特長

  • LPC12D00:LPC1227 + PCF8576D
  • LPC11D00:LPC1114/302 + PCF8576D
      マイコン部分はLPC1100(X)L, LPC1200のページをPCF8576Dはこちらをご覧ください
  • パッケージ:
    • QFP100

セグメントLCDドライバ:PCF8576Dの特長

  • スタティック or 2, 3, 4バックプレーン
  • ディスプレイ・バイアス:スタティック, 1/2 or 1/3
  • 40セグメントドライバ
    • 20 x 7セグ max (数字)
    • 10 x 14セグ max (アルファベット)
    • 160エレメント max
  • カスケード接続可
  • ディスプレイ・データ用RAM:40 x 4-bit
  • ディスプレイデータの自動インクリメント
  • 多彩な点滅が可能
  • 独立したVLCD:2.5V〜6.5V

型番一覧


<
Part
#
Freq
(MHz)
Flash
(KB)
RAM
(KB)
UART
RS-485
I2C
FM+
SSP/
SPI
コンパレータ 40segx4
セグメント
ドライバ
ADC I/O Package
LPC12D27 30/45 128 8 2 1 1 2 1 8 40 LQFP100
LPC11D14 50 32 8 1 1 2 - 1 8 42 LQFP100

型番ごとの製品詳細は、データシート/ユーザーマニュアルでご確認ください。下記ドキュメント/技術情報にあります。

ドキュメント/技術情報

LPCZone:NXP LPCマイコン情報: ドキュメント/技術情報 一覧
  • 検索したいキーワードを入力し検索ボタンを押してください。
  • キーワードはスペースで区切って複数指定することができます。
キーワード AND OR
LPC11D LPC12D に関連する情報は24件見つかりました。

セグメントLCDドライバを内蔵した業界初のCortex-M0マイクロコントローラ、LPC11D000, LPC12D00 を発表 [LPC1100]

LPC11D14データシート(PDF) [LPC1100]

PCF8576Dデータシート [LPC1100]
LPC12D00/LPC11D00のLCDセグメントドライバ部のデータ

LPC111x /LPC11Cxx ユーザーマニュアル(PDF) [LPC1100]
LPC11D00もこちらを参照ください。

LPC11Dxx エラッタ [LPC1100]

評価用ボード/EA LPC11D14 [LPC1100]

サンプルコード/ LPCXpresso LPC111x, LPC11Cxxx [LPC1100]
CMSIS2.0 + ペリファラル・ドライバ。このサンプルコードは、LPC1102UK/04UK, LPC11Exx, LPC11U1x/2x/3x, LPC11Axx, LPC11Dxxでもデバイスの設定を変更すれば、LPC11xxと同じ機能は使えます。

サンプルコード(Zip)/ LPC11D00 (Keil) [LPC1100]
CMSIS2.0。EAボードのデモプログラム。

サンプルコード LPCOpen-LPCXprersso LPC1125_LPC11U14_LPC11U37H_LPC11C24_LPC1115/LPCXpresso, Keil_IAR [LPC1100]
LPCXPresso LPC1114/LPC1115で使う場合は、LPCXPresso LPC11C24のものをお使いください。LPCOpenはLPC1100ファミリでまとまっており、「sys_config.h」内のチップの設定"CHIP_*"をLPC110X/LPC11XXLV/LPC11CXX/LPC11EXX/LPC11UXX/LPC11AXX から対象デバイスへ変更することで使用可能(LPC111x/LPC11DXXの場合はLPC11CXXを選択)。

LPC11D00 メインクロックのPLL設定計算エクセルファイル [LPC1100]

LPC111x アプリケーションノート/テクニカルドキュメント - nxp.com [LPC1100]
LPC1102UK/04UK, LPC11Cxx, LPC11U1x/2x/3x, LPC11Exx, LPC11Dxx, LPC11Axx, LPC1100LVをご使用の際も参照ください。

LPCware.com [LPC1100]
ソフトウェア/ドキュメント/ツール 他 - LPCware.com LPC111x, LPC1100LV, LPC11Uxx, LPC11Cxx, LPC11Exx, LPC1102/04, LPC11Dxx, LPC11Axx。 LPC1102/04はLPC111xをご覧ください。

LPC11D14 SVDファイル - CMSIS-SVD [LPC1100]

Code Read Protection (CRP)の使い方説明ビデオ(英語) [LPC1100]
Flash内のプログラムへのアクセス制限(CRP)の設定方法。LPC111x, LPC1102UK/04UK, LPC11Cxx, LPC11U1x/2x/3x, LPC11Exx, LPC11Axx, LPC11Dxx, LPC1100LVでCRPの使い方は同じです。

環境情報 [LPC1100]
LPC111x, LPC1102UK/04UK, LPC11U1x/2x/3x, LPC11Cxx, LPC11Exx, LPC11Axx, LPC11Dxx, LPC1100LV

セグメントLCDドライバを内蔵した業界初のCortex-M0マイクロコントローラ、LPC11D000, LPC12D00 を発表 [LPC1200]

LPC12D27データシート(PDF) [LPC1200]

PCF8576Dデータシート [LPC1200]
LPC12D00/LPC11D00のLCDセグメントドライバ部のデータ

LPC122x ユーザーマニュアル(PDF) [LPC1200]
LPC12D00もこちらを参照ください。

LPC12Dxx エラッタ [LPC1200]

評価用ボード/EA LPC12D27 [LPC1200]

ISP(In-System Programming)の使い方説明ビデオ(英語) [LPC1200]
ISPを使ったシリアル通信、Flash書き込みツール(Flash Magic)を使った書き込み 及び LPC 1300 USBマスストレージ書き込み方法の説明。LPC122x, LPC12DxxでもISP 及び FlashMagicの使い方は同じです。

Code Read Protection (CRP)の使い方説明ビデオ(英語) [LPC1200]
Flash内のプログラムへのアクセス制限(CRP)の設定方法。LPC122x, LPC12DxxでもCRPの使い方は同じです。

環境情報 [LPC1200]
LPC122x, LPC12D00

▲PageTop