概要 | 特長 | 型番一覧 | ドキュメント/技術情報

LPC1500シリーズ - 4つのSCTimer/PWM、12ビットADC内蔵 モータ制御 Cortex-M3

概要

LPC1500には4つのSCTimer/PWM(SCT)ブロックが搭載されています。このSCTは通常のPWMに、入力とPWM出力変化のモニタに加え、状態遷移とイベント発生機能を追加したCPU処理を介さずに、高い自由度でPWM制御が可能なNXPユニークなブロックです。
この4つのSCT、ADC(12-bit, 2Msps) 及び コンパレータを相互接続したSCT-アナログサブシステムにより、LPC1500はPWM出力の変化やコンパレータ/モニターピンの入力変化から CPUの処理を介さずにADCにトリガをかけたり、ADC/コンパレータの入力変化, SCTのカウンタ/キャプチャのマッチ 及び 他のSCT/モニタピンなどの入力変化などから CPUを介さずにPWMの出力を変化させることが可能です。 CPUを介さずにこれらの制御が可能なので、モータ制御やデジタル電源などPWM制御アプリケーションに適したマイコンです。
工業用の通信としてのCAN、RS-485(外付けトランシーバ要)に加え、USBデバイスも内蔵。 ROM内にはCAN 及び CANopenのオンチップドライバがあり、APIを呼び出すだけで簡単にCANが使えます。USBも同様にROM内にクラスドライバ MSC/HID/CDC/DFUが用意されていますので簡単。プログラムの書き込みはISP(In-System programming)モードで通常使うUARTからの書き込みの他に、ISPでCANやUSBからの書き込みも可。
ROM内には他にも、割り算 API(32-bit 符号有/無)、DMA, UART/I2C APIを持ち、APIを呼び出せばこれらの機能が使えるので、簡単でコードサイズも低減できます。
Flashは1セクタ4KBで消去可能な小さなページ:256バイトを持ち、IAP(In-Application Programming: プログラム内で呼び出さるコマンド)で256バイト単位消去可能。 EEPROMはIAPコマンドで簡単に読み書きできます。

LPCXPresso LPC1549(V2)はmbed正式サポートボードです、mbed.orgのLPCXpresso LPC1549ページはこちら

特長

  • 72MHz クロックスピード
  • スイッチ・マトリックスによるピン/ペリフェラルの高い自由度
      どのピンにどのペリフェラルを割り当てるかはツールで設定可
      ※スイッチ・マトリックスはPOR or BODリセット後のみにリセット
  • USB(Device)内蔵、ROM内に MSC/HID/CDC/DFUクラスドライバ(LPC11U2x/3x/6xと同じ)
    • APIを呼び出すだけで使えますので簡単!
    • ROM内ドライバで、簡単にUSBからフラッシュプログラムミング可
  • C_CANコントローラ内蔵、ROM内 C_CAN/CANopen ドライバ(LPC11C2xと同じ)
    • APIを呼び出すだけで使えますので簡単!
    • ROM内ドライバで、簡単にCANからフラッシュプログラムミング可
  • ROM内のUART/I2C APIでUART/I2Cが簡単!(LPC81x/LPC11U6xと同じ)
    • UART API:非同期モードで文字や文字列の送信/受信 など
    • I2C API :マスター/スレーブの送受信, ポーリング/割り込み など
  • ROM内 DMA API(LPC11U6xと同じ)
      DMAセットアップ/チャネルコントロール/送信 など
  • オンチップ割り算ライブラリ (32-bit 符号有/無)
  • Flash:256KB max
      ページ(256バイト)単位で、IAPで消去可能
  • RAM:36KB max
  • EEPROM: 4KB
  • ペリフェラル
    • USB Device (LPC154xのみ)
    • USART(RS-485) x 3
    • SPI x 2
    • I2C(Fm+) x 1
    • CRCエンジン
    • SCTimer/PWM(SCT)
        SCT(ステート・コンフィギュアブル・タイマ) x 4
        • SCTは通常のPWMのカウンタ/キャプチャマッチに加え、状態遷移とイベント発生機能を追加し、PWM出力変化とモニタ入力変化からPWM出力をコントロール可能な自由度の高いPWMブロック
        • 内部カウンタは、32-bit x 1 または 16-bit x 2
          • Large SCT x 2
            • 入力:8
            • 出力:10
            • マッチ/キャプチャ レジスタ:16
            • イベント:16
            • 状態:16
          • Small SCT x 2
            • 入力:3
            • 出力:6
            • マッチ/キャプチャ レジスタ:8
            • イベント:10
            • 状態:10
    • SCTIPU(SCT Input Pre-processor Unit):SCTのタイマー入力とAbort状況時の即時処理
    • エンコーダ・インターフェース(QEI)
    • タイマ x 6 (SCT内部のカウンタもタイマとして使用可)
      • マルチレート・タイマ:24-bitタイマ x 4ch
      • リピート・タイマ:48-bit
      • SysTick timer:24-bit
    • リアルタイムクロック
    • ウオッチドッグタイマ
    • GPIO:78 max
    • 温度センサ
    • コンパレータ x 4
    • ADC(12-bit, 2Msps) x 2(ADC0/1), それぞれ12ch max
      • SCT、ADCおよびコンパレータの相互接続
      • SCT、コンパレータ、モニタピンの出力変化などによるADCトリガ
    • DAC(12-bit)
  • パッケージ
    • QFP100/QFP64/QFP48
  • 低消費電力 (@3.3V) :
    • 低消費アクティブ電流
        72MHz: 18mA, 12MHz: 2.7mA (低消費電流モード)
    • パワーダウン・モード:3.8uA (割り込み可)
    • ディープ・パワーダウン・モード:560nA
    • 消費電力を最適化するパワープロファイル API
        CPUパフォーマンスモード/低アクティブ電流モード/CPU効率モード
  • 動作温度範囲: -40〜+105℃
  • 低価格プラットフォーム: LPCXpresso LPC1549 (V2)
    LPCXPresso LPC1549はmbed正式サポートボード、med.orgのLPCXPresso LPC1549ページはこちら
    • PMSMモータ制御ソリューションキット(ベクトル制御):OM13067
    • BLDCモータ制御ソリューションキット:OM13068
    • こちらを参照。

型番一覧


Part
#
Freq
(MHz)
Flash
(KB)
RAM(KB)
EEPROM
USB USART
RS-485
I2C
FM+
SPI
CAN
QEI
SCT/
PWM
12-bit
ADC0/1
12b
DAC
Comp
I/O Package
LPC1549 72 256 36 4 1
+Driver
3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 9/7
12/12
1 4 30-76 LQFP48
LQFP64/100
LPC1548 72 128 20 4 1
+Driver
3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 12/12 1 4 44-76 LQFP64/100
LPC1547 72 64 12 4 1
+Driver
3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 9/7
12/12
1 4 30-44 LQFP48
LQFP64
LPC1519 72 256 36 4 - 3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 12/12 1 4 46-78 LQFP64/100
LPC1518 72 128 20 4 - 3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 12/12 1 4 46-78 LQFP64/100
LPC1517 72 64 12 4 - 3
+Driver
1
+Driver
2 1
+Driver
1 4 9/7
12/12
1 4 32-46 LQFP48
LQFP64

型番ごとの製品詳細は、データシート/ユーザーマニュアルでご確認ください。下記ドキュメント/技術情報にあります。

ドキュメント/技術情報

LPCZone:NXP LPCマイコン情報: ドキュメント/技術情報 一覧
  • 検索したいキーワードを入力し検索ボタンを押してください。
  • キーワードはスペースで区切って複数指定することができます。
キーワード AND OR
LPC15 に関連する情報は22件見つかりました。

NXP 新しいLPCマイクロコントローラで効率的なモータ制御を可能に、4つのSCT、ADC(12-bit, 2Msps) 及び コンパレータを相互接続したPWM-アナログサブシステム内蔵 Cortex-M3 LPC1500を発表 [LPC1500]

LPC1500シリーズラインナップ [LPC1500]
LPC1517, LPC1518, LPC1519, LPC1547, LPC1548, LPC1549

LPC15xxデータシート(PDF) [LPC1500]
LPC1549, LPC1548, LPC1547, LPC1519, LPC1518, LPC1517

LPC15xxユーザーマニュアル(PDF) [LPC1500]

LPC15xxエラッタ(PDF) [LPC1500]

評価ボード/LPCXpresso LPC1549 (V2) [LPC1500]

参照回路図(PDF)/ LPCXpresso LPC1549 (V2) [LPC1500]

LPC Initializer and pinmux (webベース) [LPC1500]
LPC15xxの中から使用するデバイスを選択し、ピン設定してください。設定後、ファイルは"Save"しておいてください。とスイッチ・マトリックスに対応しています。

サンプルコード LPCOpen-LPCXprersso LPC1549/LPCXpresso, Keil_IAR [LPC1500]

外付けX'talマッチング情報 - LPC1500 by EPSON [LPC1500]

LPC15xx アプリケーションノート/テクニカルドキュメント - nxp.com [LPC1500]

LPC15xx - LPCware.com [LPC1500]

LPC15xx SVDファイル - CMSIS-SVD [LPC1500]

SCT Cookbook and Tutorial - AN11538 [LPC1500]
LPC15xx、SCT(ステート・コンフィギュアブル・タイマ)の使い方。LPCXpresso/Keil_IARのサンプルコードもあり。

LPC1500 Motor Control Solutions [LPC1500]

LPC15xx SCTimer/PWM を使った BLDCモータ制御 - AN11523 [LPC1500]

LPC15xx PMSMモータ ベクトル制御(FOC) - AN11517 [LPC1500]
FOC: Field Oriented Control、SCT

PWMディザリング(Dithering) on SCT for LPC1500 (AN11580) [LPC1500]
LPC 1800/LPC 4300 及び LPC 1500はSCTを搭載。SCTを使ってPWM制御する場合のPWMディザリングのアプリケーションノート。 サンプルコードはKeil LPC 1857ボード。

LPC154x USB certification support pac [LPC1500]

LPC15xx In-Application Programming [LPC1500]
AN11555

IBIS models for LPC15xx [LPC1500]

環境情報 [LPC1500]
LPC15xx

▲PageTop