概要 | 特長 | 型番一覧 | ドキュメント/技術情報

LPC4300 - 204MHz パワフルCortex-M4/M0マルチコア、高機能・ユニークペリフェラル
LPC43S00 - 暗号セキュリティエンジンも搭載、AES-128 + 乱数生成器
インターフェース, LPC4370, LPC-Link2

概要

LPC4300はARM Cortex-M4F(DSP+FPU) + Cortex-M0の非対称動作デュアル・コア マイコン。LPC4370にはM0がさらに1つ追加されトリプル・コア。
M0でUSB/Ethernetの割り込みやペリフェラル・コントロールをさせることで、 M4Fは得意な演算(DSP/FPU搭載)にフォーカスさせることができます。
また M4FをSleepさせM0のみで制御すれば、待機時の消費電力を削減できます(M0のみ、または両コアをSleepされることもできます)。 クロックスピードはM4F/M0とも204MHz max。
LPC4300はLPC1800と互換、LPC1800と同様に高速高機能ペリフェラル、Hi-speed USB 2ch, Ethernet, LCDコントローラ, SDRAMをサポートする外部メモリコントローラ, SDIO、 さらにユニークなクワッドSPI対応 SPIFI, SCTimer(ステイト・コンフィギュアブル・タイマ)/PWMを搭載しています。加えてプログラマブなI/O - シリアルGPIOを追加。 LPC4370はこのシリアルGPIOとSPIを専用にコントロールするM0が追加され、トリプル・コア。
LPC43S00には、暗号化通信やセキュアブート向けのAES-128 暗号化ハードウェアエンジンと乱数生成器も搭載。
LPC4370には、80Mspsのサンプリングレートの高速ADCも搭載。
フラッシュもLPC1800と同じくMax 1MBでデュアル・バンク・フラッシュ、256-bit幅のフラッシュコントローラ搭載により204MHzノンウエイト・フラッシュ・オペレーション。 またフラッシュレスも用意。

特長

  • 204MHz クロックスピード
  • Cortex-M4F(FPU:浮動小数点ユニット搭載)
  • Crtex-M0 サブシステム、LPC4370にはシリアルGPIO/SPI用M0がさらに追加
  • デュアルバンク 256-bit幅フラッシュ
    • フラッシュ: 1MB max, Flashレス
    • デュアル・バンク・フラッシュ
        デュアル・バンク・モードと連続モード
    • 256-bit幅フラッシュコントローラ
  • RAM:282KB max
  • EEPROM:16KB (Flash搭載品のみ)
  • ROM内に USBデバイスMSC/HID/CDC/DFUドライバ
  • ペリフェラル (型番により無い機能もあります)
    • Hi-speed USB x 2 (Host/OTG/Device)
        ROM内にクラスドライバ:MSC/HID/CDC/DFU
    • Ethernet
    • LCDコントローラ:1024x768
    • SDRAMをサポートする外部メモリコントローラ
        SDRAMクロック:120MHz max
    • SD3.0/SDIO2.0/MMC4.4/CE-ATA1.1
    • SPIFI(クワッド SPI対応 Flashインターフェース):120MHz max
        メモリマップ内に128MB空間
    • SCTimer(ステート・コンフィギュアブル・タイマ)/PWM
    • シリアルGPIO (SGPIO)
    • CAN x 2
    • I2S x 2
    • USARTx 3 & UART
        スマートカード: ISO7816-3, RS-485, IrDAサポート
    • SSP x 2 + SPI x 1
    • I2C x 2 (Fm+ x 1)
    • モータ コントロール PWM
    • エンコーダ インターフェース
    • タイマ x 8 (Max 28)
        標準32-bitタイマ x 4, 32-bitリピート割り込みタイマ,
        アラームタイマ, systickタイマ, SCT内にタイマx2 max
        (モーターコントロール PWM内にタイマx3
        SGPIO内に12-bitカウンタx16 max)
    • リアルタイムクロック と 独立した電源ドメイン(バッテリ駆動可)
        ディープ・パワーダウン・モードで保持可能な256バイトレジスタ
        独立したドメイン内イベントルータにより深いSleepモードから各種ペリフェラル割り込みでWake可
    • イベントレコーダ・・フラッシュ品のみ。
    • ウオッチドッグ
    • AES-128 暗号化エンジン ・・ LPC43S00のみ
    • 乱数生成器(True RNG) ・・ LPC43S00のみ
    • 高速ADC:12-bit 80Msps ・・ LPC4370のみ
        6ch シングルサイド または 1ch 差動入力
    • ADC:10-bit x 2, 8ch max
    • DAC (10-bit)
  • パッケージ
    • BGA256/BGA180/BGA100
    • QFP144/QFP208
  • 消費電流 (@3.3V):
    • アクティブ電流
        LPC43x0・・204MHz:81.5mA, 180MHz:72.0mA, 120MHz:48.4mA, 60MHz:25.3mA, 12MHz:6.6mA
    • パワーダウン・モード(割り込み可)
        LPC43x0・・15uA
    • ディープ・パワーダウン・モード: 2uA
  • 動作温度範囲 Flashレス品: -40〜+85℃
            Flash品: -40〜+105℃ (BGA256は-40〜+85℃も)
  • Cortex-M3搭載 LPC1800と互換
  • 低価格プラットフォーム:LPCXpresso LPC4337 (V3)                  LPCXPresso LPC43S37 (V3)
  • 手軽な評価用ボード: LPC4300-Xplorerボード

型番一覧

    LPC4300シリーズ
Part
#
Freq(MHz)
Core
Flash
SRAM(KB)
EEPROM
LCD
Ethernet
USB (1)
SDIO
CAN
I2S
Motor
PWM
(2)
ADC Ext
Bus(5)
SPI Flsh
SCT
SGPIO
温度 (6)
Package
Size
(KB)
Dual
bank
12b
(3)
10b
(4)
バス幅
SDRAM
LPC4370 204 M4/
M0/
M0
- - 282 16 Y Y 2 1 2 2 Y 6
3
16
-
8-32b Y Y Y Y F TFBGA256
TBGA100
LPC4357 204 M4/
M0
1024 Y 136 16 Y Y 2 1 2 2 Y - 8 8-32b Y Y Y Y J TFBGA256 (6)
LQFP208
LPC4353 204 M4/
M0
512 Y 136 16 Y Y 2 1 2 2 Y - 8 8-32b Y Y Y Y J TFBGA256 (6)
LQFP208
LPC4350 204 M4/
M0
- - 264 - Y Y 2 1 2 2 Y - 8 8-32b Y Y Y Y F TFBGA256/180
LPC4337 204 M4/
M0
1024 Y 136 16 - Y 2 1 2 2 Y - 4-8 8-32b Y Y Y Y J TFBGA256 (6)/100
LQFP144
LPC4333 204 M4/
M0
512 Y 136 16 - Y 2 1 2 2 Y - 4-8 8-32b Y Y Y Y J TFBGA256 (6)/100
LQFP144
LPC4330 204 M4/
M0
- - 264 - - Y 2 1 2 2 Y - 4-8 8-32b Y Y Y Y F TFBGA256/180/100
LQFP144
LPC4327 204 M4/
M0
1024 Y 136 - - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4325 204 M4/
M0
768 Y 136 Y - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4323 204 M4/
M0
512 Y 104 Y - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4322 204 M4/
M0
512 - 104 Y - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4320 204 M4/
M0
- - 200 - - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y F LQFP144
TFBGA100
LPC4317 204 M4/
M0
1024 Y 136 Y - - - 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4315 204 M4/
M0
768 Y 136 Y - - - 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4313 204 M4/
M0
512 Y 104 Y - - - 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4312 204 M4/
M0
512 - 104 Y - - - 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC4310 204 M4/
M0
- - 168 - - - - 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y F LQFP144
TFBGA100

    LPC43S00シリーズ
Part
#
Freq
Core
Flash
SRAM
(KB)
EEPROM
LCD
Ethernet
USB (1)
SDIO
CAN
I2S
Motor
PWM
(2)
ADC Ext Bus(6)
SPI Flsh
SCT
SGPIO
温度
(6)
Package
Size
(KB)
Dual
bank
12b
(4)
10b
(5)
バス幅
SDRAM
LPC43S70 204 M4/
M0/
M0
- - 282 16 Y Y 2 1 2 2 Y 6
3
16
-
8-32b Y Y Y Y F TFBGA256
TFBGA100
LPC43S57 204 M4/
M0
1024 Y 136 16 Y Y 2 1 2 2 Y - 8 8-32b Y Y Y Y J TFBGA256
LQFP208
LPC43S50 204 M4/
M0
- - 264 - Y Y 2 1 2 2 Y - 8 8-32b Y Y Y Y F TFBGA256
TFBGA180
LPC43S37 204 M4/
M0
1024 Y 136 16 - Y 2 1 2 2 Y - 4-8 8-32b Y Y Y Y J LQFP144
TFBGA100
LPC43S30 204 M4/
M0
- - 264 - - Y 2 1 2 2 Y - 4-8 8-32b Y Y Y Y F TFBGA256/100
LQFP144
LPC43S20 204 M4/
M0
- - 200 - - - 1 1 2 2 Y - 4-8 8-16b Y Y Y Y F TFBGA180
TFBGA100
    1. USB0はコントローラもPhyもHi-speed。USB1はコントローラのみHi-spped、PhyはFull-speed。USB1でHi-speedを使う場合は、外付けHi-speed Phy要、Phy用のULPIは180ピン以上のパッケージのみ。
    2. 3相モータ用PWM:144ピン以上はYes, 100ピンはNo。エンコーダ:180ピン以上はYes, 144ピン以下はNo。
    3. 256ピン:6ch, 100ピン:3ch
    4. 144ピン以上: 8ch, 100ピン: 4ch
    5. バス幅、256ピン:32-bt, 208ピン:30-bit, 180/144ピン:16-bit, 100ピン:8-it (全てSDRAMサポート、但しSDRAMは16-bit または 32-bit幅のみ選択可)
    6. 動作温度 F: -40〜+85℃、J: -40〜+105℃。Flash品は"J"ですがBGA256のみ"JとF"の両方があります

型番ごとの製品詳細は、データシート/ユーザーマニュアルでご確認ください。下記ドキュメント/技術情報にあります。

ドキュメント/技術情報

LPCZone:NXP LPCマイコン情報: ドキュメント/技術情報 一覧
  • 検索したいキーワードを入力し検索ボタンを押してください。
  • キーワードはスペースで区切って複数指定することができます。
キーワード AND OR
LPC43 に関連する情報は79件見つかりました。

NXP、高速データ取得アプリケーション向けマイクロコントローラ「LPC4370」を発表 〜204MHz ARM Cortex-Mプロセッサと業界最速の12ビットADCをシングルチップに内蔵〜 [LPC4300]
LPC4370ニュースリリース

NXP、デジタルシグナル・コントロールを再定義する新しいCortex-M4/M0のデュアルコアMCUを発表 [LPC4300]
LPC4300シリーズ ニュースリリース

LPC4300ラインナップ [LPC4300]
LPC4370, LPC4357, LPC4353, LPC4350, LPC4337, LPC4333, LPC4330, LPC4327, LPC4325, LPC4323, LPC4322, LPC4320,LPC4317, LPC4315, LPC4313, LPC4312, LPC4310, LPC43S70, LPC43S57, LPC43S50, LPC43S37, LPC43S30, LPC43S20

LPC43x0データシート - Flashレス品(PDF) [LPC4300]
LPC4370, LPC4350, LPC4330, LPC4320, LPC4310。

LPC4370データシート- Flashレス品(PDF) [LPC4300]
4370

LPC43Sx0データシート - Flashレス品(PDF) [LPC4300]
LPC43S50, LPC43S30, LPC43S20

LPC43S70データシート- Flashレス品(PDF) [LPC4300]
LPC43S70

LPC43xxデータシート - Flash品(PDF) [LPC4300]
LPC4357, LPC4353, LPC4337, LPC4333, LPC4327, LPC4325, LPC4323, LPC4322, LPC4317, LPC4315, LPC4313, LPC4312

LPC43Sxxデータシート - Flash品(PDF) [LPC4300]
LPC43S57, LPC43S37

LPC43xxユーザーマニュアル(pdf) [LPC4300]
Flashレス/Flash搭載品、LPC43S、LPC4370も含む

評価ボード/LPCXpresso LPC4337 (V3) [LPC4300]

評価ボード/LPCXpresso LPC43S37 (V3) [LPC4300]

評価用ボード/ Hitex LPC4350 (Rev.A4) [LPC4300]

評価用ボード/ Keil LPC4300 [LPC4300]
MCB4350(LPC4330)/MCB4357(LPC4357)

評価用ボード/EA LPC4357 [LPC4300]

評価用ボード/ element14 LPC4357 [LPC4300]
LCD付きもあります

評価ボード/LPC4330-Xplorer(秋月電子) [LPC4300]

LPC43x0 エラッタ [LPC4300]
Flashレス品、LPC4370も含む

LPC43Sx0 エラッタ [LPC4300]
Flashレス品、LPC43S70も含む

LPC43xx エラッタ [LPC4300]
Flash搭載品

LPC43Sxx エラッタ [LPC4300]
Flash搭載品

参照回路図(PDF)/ LPCXpresso LPC4337_LPC43S37 (V3) [LPC4300]
LPCXpresso4337/LPCXPresso43S37の回路図は同じ

参照回路図(PDF)/ Hitex LPC4350 (Rev.A4) [LPC4300]

参照回路図(PDF)/ Keil MCB4300 [LPC4300]
LPC4350/LPC4357

参照回路図(PDF)/ NGX LPC4330-Xplorer [LPC4300]

LPC43xx LPCOpen Dual Core build procedures - Keil uVision4 [LPC4300]

サンプルコード LPCOpen - LPCXpresso4337_43S37, Hitex LPC4350, Keil MCB4300 (LPC4357), NGX LPC4330-Xplorer, LPC-Link2 LPC4370/LPCXpresso, Keil_IAR [LPC4300]

SPIFI Library for LPC4300 [LPC4300]
最新LPCOpenと一緒にお使いください。

LPC4300 SPIFI Flash Drivers for LPCXpresso IDE [LPC4300]

サンプルコード - LPC43xx CMSISドライバライブラリ_130904 (Keil, IAR) [LPC4300]
Hitex LPC4350 Rev.A4/Keil MCB4357ボード用。CMSIS2.1 + ペリファラル・ドライバ・ライブラリ。

ROM内のUSBデバイスAPIの資料 for LPC4300 [LPC4300]
USBデバイス側のHID, MSC, CDC, DFU

クロック設定とパワーモードに関する資料 for LPC4300 [LPC4300]

LPC4300 PLL0USB 及び PLL0AUDIO 設定計算ツール [LPC4300]

LPC4300 アプリケーションノート/テクニカルドキュメント - nxp.com [LPC4300]

LPC43xx LPCware.com [LPC4300]
最新ソフトウェア/アプリケーションノート - LPCware.com

LPC43xx/LPC43Sxx SVDファイル - CMSIS-SVD [LPC4300]

LPC4300 Dual Coreノート [LPC4300]
LPC4300 デュアルコアの動かし方、Keilでのデバッグのやり方など

LPC43XX Dual Core Examples [LPC4300]
このExsampleには、M4-M0のコア間通信、ペリフェラルドライバライブラリだけでなく、nxpUSBLib(USBライブラリ)を使ったUSB Host Stack Example(キーボードクラスドライバ)と USB Device Stack Example(マスストレージデバイスクラス)も含まれます。 FreeRTOSを使用したプロジェクトも用意。将来的に、LWIP & emWライブラリもサポート予定。

MxMEMMAP メモリマップ on LPC4300 [LPC4300]
起動時 Boot ROMは 「M4MEMMAP」というレジスタに値を書き込んでboot先を決定。内部Flash以外から起動する場合考慮要。また、M0プログラムの先頭アドレスは「M0APPMEMMAP」で指定。これらのレジスタについての説明。

LPC-Link2をLPC4370評価用ボードとして使う [LPC4300]
LPCXpressoプロジェクト、LPCXpresso 6以上を推奨します。

Keil MDK-ARM(uVison)の使い方 for LPC4300 [LPC4300]
Cortex-M4/M0のデュアルコアのビルド/デバッグのやり方を含む、MDK-ARMの使い方、サンプルコードあり。ボードはXplorer-LPC4330。

LPC4300 デュアル Hi-Speed USB ソリューション [LPC4300]
LPC_1800用になっていますが、LPC4300でも使用可

USBから DFUを使った RAMへのダウンロード 及び Flashへの書き込み [LPC4300]
USBからのBootで、LPC43xxの内部RAMへのプログラムダウンロードや Flash(内部Flash/外部SPIフラッシュ)へのプログラムの書き込みが可能

LPCScrypt for LPC43xx/LPC43Sxx [LPC4300]
Windows, Mac, Linuxで使えるコマンドラインベースツール。内蔵Flash/SPIFI Flash, EEPROM, OTPへの書き込み 及び "S"付きデバイスのセキュリティ関連のサポート

LPCScrypt User Guide for LPC43xx/LPC43Sxx [LPC4300]

LPCScrypt:Tips & Tricks (YouTube) [LPC4300]
LPC43xx/LPC43Sxx

LPCScrypt リリースノート [LPC4300]
LPC43xx/LPC43Sxx

ULPI と Hi speed USB Phy の繋ぎ方 for LPC4300 (AN11309) [LPC4300]
USB0はHS USB Phy内蔵ですが、USB1はFS USB Phyのみ内蔵。 しかしULPI経由で外付けHS USB Phyを接続可 (See http://www.lpcware.com/system/files/ULPI%20obs.pdf)

Connecting a USB power switch to the LPC43xx [LPC4300]

外部バス上のFlash、 及び SPFIからSPI Flashへのプログラムの書き込み with LPCXpresso IDE for LPC4300 [LPC4300]
LPCXPresso IDEでお使いになる外付けFlash用の書き込み設定ファイルの作り方

SDRAM interface to LPC43xx/18xx EMC [LPC4300]

IBIS models for LPC43xxET256/180/100 [LPC4300]
BGA256/BGA180/BGA100

IBIS models for LPC43xxBD208 [LPC4300]
QFP208

SCT Cookbook and Tutorial - AN11538 [LPC4300]
LPC43xx、SCT(ステート・コンフィギュアブル・タイマ)の使い方。

SCT(State Configurable Timer)を使ったカメライン ターフェース(AN11365) on LPC4300 [LPC4300]
カメラ:OV7670。 SCTでVSync/HSync/PixClkを制御。カメラからの8-bitパラレルデータはGPIOのバイトアクセス。LCDへは16-bit RGB565 フォーマット。OM13059。

LPCXpresso IDEを使ってSCTの状態遷移レジスタのコードを生成しKeil/IARで取り込む for LPC4300 - AN11161 [LPC4300]
SCTのレジスタ生成にLPCXPresso IDEが持っている「Red State」機能を使う

SCTツール (for LPC43xx State Configurable Timer) using Windows [LPC4300]
LPCXpresso IDEが持っている「Red State」でSCTレジスタ生成をすることを推奨します。「AN11161」参照。

SPIFIの使い方 for LPC4300 [LPC4300]
ソフトウェアはLCDデモ(SPFI内のイメージをDMAを介して直接LCDコントローラから表示) と SPIFIリード/ライト。

SGPIOからPWMをつくる for LPC4300 [LPC4300]
サンプルソフトあり

SGPIOからUARTをつくる for LPC4300 [LPC4300]
サンプルコードあり、サポートボーレート:9600bps, 19200bps, 38400bps, 57600bps and 115200bps.

SGPIOからSPIをつくる for LPC4300 (AN11210) [LPC4300]

SGPIO(シリアルGPIO)を使ったカメラインターフェースを使ったカメラインターフェース(AN11343) for LPC4300 [LPC4300]
M0:SGPIOビデオカメラストリーミング、M4:LCD出力、カメラ:OV7670で16-bit RGB565 QVGA出力

SGPIO(シリアルGPIO)を使ったカメラインターフェースを使ったカメラインターフェース(AN11196) for LPC4300 [LPC4300]
30fpsでQVGAのLCDを使っています。M4がカメラもLCDも制御

PWMディザリング(Dithering) on SCT for LPC4300 (AN11580) [LPC4300]
LPC 1800/LPC 4300 及び LPC 1500はSCTを搭載。SCTを使ってPWM制御する場合のPWMディザリングのアプリケーションノート。 サンプルコードはKeil LPC 1857ボード。

LPC4300 インターネットラジオ ソリューション [LPC4300]

ISP(In-System Programming)の使い方(pdf) [LPC4300]
LPC43xx Flash搭載品:内部FlashへISPモードから『FlashMagic』を使用した書き込み方法

LPC43xx Pin Muxツール [LPC4300]
各ピンは8つにマルチプレクスされ、どのファンクションにするか決めますが、そのピンの設定ツール。JAVA上で動きますので、JAVAがインストールされている必要があります。

OTPへの書き込み方法 for LPC4300 (AN11292) [LPC4300]

セキュアブート from QSPIデバイス for LPC43S00 - AN11648 [LPC4300]
暗号化された外付けQSPIフラッシュから起動

ハードウェア vs ソフトウェア AESベンチマーク for LPC43S00 - AN11649 [LPC4300]
LPCXpresso4337ボードを使ったKeil/IAR, LPCXpresso IDEのサンプルコードあり

Random Number Generator (乱数生成) on LPC43Sxx/LPC43xx - AN11643 [LPC4300]

CRP(Code Read Protection)の使い方 in LPC4300 - AN11581 [LPC4300]

NXPフリーUSBライブラリ nxpUSBlib [LPC4300]
LPC43xx

nxpUSBlibの使い方-2012 Sep(pdf) [LPC4300]
LPC43xx

uClinux for LPC4350 (Emcraft) [LPC4300]

環境情報 [LPC4300]
LPC43xx

uClinux for LPC4357 (Emcraft) [LPC4300]

Cortex-M4 コア情報 (ARM), pdf [LPC4300]
テクニカルリファレンス マニュアル(英語)。 LPC43xx

Cortex-M0 コア情報 (ARM), pdf [LPC4300]
日本語テクニカルリファレンス マニュアル。LPC43xx

▲PageTop