概要 | 特長 | 型番一覧 | ドキュメント/技術情報

LPC54100シリーズ - センサ アプリ向け高性能・低消費電力 Cortex-M4&M0+ デュアルコア

概要

LPC54100はARM Cortex-M4F(DSP+FPU) + Cortex-M0+の非対称動作デュアル・コア マイコン、センサアプリケーションに最適化した高性能・低消費電力マイコンです。
モバイル/ウェアラブル機器、フィットネス/ヘルスケア機器、ゲーム/エンターテイメント機器などのセンサ群のモニタリング、フュージョン、モーション検知、コンテキスト認識などに最適。
センサからの割り込み処理や定期的なモニタリングは低消費電力のCortex-M0+(55uA/MHz)が担当し、モーション、フュージョン、コンテキストなどのアルゴリズム処理は高性能Cortex-M4F(100uA/MHz)が担当します。センサ・リスニング時はわずか3uA。M4とM0+間のコミュニケーションはメールボックス。 Cortex-M4Fのみのシングルコア品も用意。 さらになる低消費電力化のため、設定したCPUのクロック周波数で内部電圧のスケーリングを行い、パフォーマンスを維持しながら低消費電力を実現します。
I2C、SPI、USART 及び タイマが接続されたペリフェラルバスはCPUクロックと独立しています。消費電力を抑えるため、CPUクロックを処理内容に合わせてダイナミックに変更しても、これらのペリフェラルは影響を受けない設計なっています。 ADCもCPUクロックと独立したクロック入力があります。
ペリフェラルは、ファーストモード・プラス(FM+)をサポートするI2C x 3 (スレーブであればHigh speed mode:3.4Mbit/sもサポート)、SPI x 2、USART x 4、4.8Msps 12-bit ADC x 12chなど。SPIとUSARTをサポートするFIFOバッファー。
パワーモードは5段階。アクティブ/スリープ/ディープ・スリープ/パワーダウン/ディープ・パワーダウン モード。 SRAMの特定アドレス 8KBは、パワーダウン モードでもデータ保持可能。 I2C、SPI、USARTは、ディープ・スリープ/パワーダウン モードからWake-up可。 その他 RTCのアラームタイマ(1ms or 1s)、WDオシレータを使ったセルフウェイクアップタイマ(Micro-tickタイマ)は、一番深いディープ・パワーダウン モードからのWke-upも可。
動作電圧は 1.62V〜3.6V。動作温度は -40〜+105℃。パッケージはCSP49(3.3x3.3mm) 及び QFP64。

特長

  • 100MHz クロックスピード
  • Crtex-M4F & M0+のデュアルコア・・LPC54102のみ
      Cortex-M4F:100uA/MHz, Cortex-M0+:55uA/MHz
      センサ・リスニング時:3uA
  • フラッシュ: 512KB max
      フラッシュアクセラレータ内蔵
  • RAM:104KB
      8KB:パワーダウン モードでもデータ保持可
  • ROM内にパワーコントロール API、ペリフェラルドライバ
    • パワーコントロール API
      • PLL設定 API
      • 内部電圧最適化 API
      • パワーモード設定 API
    • ペリフェラルドライバ、呼び出すだけで簡単!
      • I2Cマスター/スレーブ
      • SPIマスター/スレーブ
      • UART
      • ADC
      • DMA
  • ペリフェラル:
    • CPUクロックと独立したペリフェラル(ASYNCブリッジ)
      • I2C x 3
          スタンダードモード:〜100Kbit/s
          ファーストモード:〜400Kbit/s
          ファーストモード・プラス:〜1Mbit/s
          ハイスピードモード(スレーブのみ):〜3.4Mbit/s
      • SPI x 2
          FIFOサポート
      • USART x 4
          ソフトウェア設定可能な非同期モード(5-16クロック)
          FIFOサポート
          32KHz 動作モード
          RS-485サポート
      • 32-bit 標準タイマ x 2
    • その他ペリフェラル
      • SCTimer(ステート・コンフィギュアブル・タイマ)/PWM
      • DMA
      • SPI/USART FIFO
      • CRCエンジン
      • 標準32-bitタイマ x 3
      • マルチレート・タイマ:24-bitタイマ x 4ch
      • 32-bitリピート割り込みタイマ
      • 独立した電源ドメインのRTC 及び アラームタイマ
          1ms 及び 1sをサポート
      • ウオッチドッグタイマ
      • Micro-tickタイマ
          WDオシレータ入力をサポート
      • GPIO:50 max
      • ADC:12-bit, 4.8Msps(max), 12ch
          システムクロック同期/非同期動作モード
  • パッケージ
    • CSP49(3.3x3.3mm)
    • QFP64
  • 動作温度範囲: -40〜+105℃
  • 低価格プラットフォーム:LPCXpresso54102(OM13077) 及び
    センサ/モーション キット(OM13078:LPCXpresso54102+センサーシールド)


センサ/モーション・ソリューション・ブロック図(OM13078)


センサ/モーション・ソフトウェア(OM13078)


型番一覧


Part
#
Freq
(MHz)
Core Flash
(KB)
RAM
(KB)
USART
RS-485
I2C
Fm+
SPI SCT ADC I/O Package
LPC54102J512 100 M4/
M0+
512 104 4
+Drive
3
+Driver
2
+Driver
1 12 50
39
LQFP64
CSP(3.3x3.3mm)
LPC54102J256 100 M4/
M0+
256 104 4
+Drive
3
+Driver
2
+Driver
1 12 50
39
LQFP64
CSP(3.3x3.3mm)
LPC54101J512 100 M4 512 104 4
+Driver
3
+Driver
2
+Driver
1 12 50
39
LQFP64
CSP(3.3x3.3mm)
LPC54101J256 100 M4 256 104 4
+Driver
3
+Driver
2
+Driver
1 12 50
39
LQFP64
CSP(3.3x3.3mm)

型番ごとの製品詳細は、データシート/ユーザーマニュアルでご確認ください。下記ドキュメント/技術情報にあります。

ドキュメント/技術情報


Warning: file_get_contents(http://www.nxp-lpc.com/cgi-bin/linkv.cgi?word=LPC541&cond=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/users/web10/9/3/0260739/www.nxp-lpc.com/cgi-bin/lpc54100.php on line 233